Menu

状況に対応できます

土のう袋

準備が早い

工事現場に堰を作る必要があるとき、普通、土のうを準備することが必要で、これらは本格稼働前に準備しておく必要があります。必要な土のうの数を確認し、その土のう袋に入れるために必要な土および砂を準備し、さらに中に詰めた状態にしておくわけです。さらに、一度詰めた土のうは、トラックで現場へと運び込む必要があり、使用場まで運ぶことができない場合には、一時置き場を確保する必要もあります。そういった準備が必要な土のうですが、一からコンクリート製の堰を作ることを考えれば、その費用対効果は絶大なのです。そこで、土のう袋の良さはそのままに、できる限り準備の簡略化を可能にしたのが吸水土のう袋と呼ばれるものです。この吸水土のう袋は、通常の土のう袋の中に土や砂を入れるのに対し、水を入れることで重さを確保するようになっています。水を入れただけでは固定することが難しいことから、予め吸水ポリマーを入れておき、その物質が水を吸い込むことにより、安定性をもたらすことができるのです。その為、吸水土のうは、土や砂を準備する必要がなく、水さえ確保できれば土のう袋としての機能を確保することができるのです。また、吸水土のう袋は重量も軽いこと、体積も小さいことから、使用現場で水を確保することが可能な場合、軽トラック1台で運ぶことができる可能性もあるのです。使用後は乾燥すれば再利用することができる場合もあり、後の処理も楽にすることができるのです。

Copyright© 2018 客席を盛り上げるために必要なこと【不測の事態が起きないように】 All Rights Reserved.