Menu

持ち運びが便利

男女

女性でも対応可能

各メディアが報じている昨今の気象情報を見ている、数十年に一度といった表現を普通に見聞きする状況になっており、これまでの常識が通用しなくなっているのが現実です。その為、どこでどのような災害が発生するか、だれも予想できない状況になっており、被害を最小限に食い止めるためにも、各自が十分な備えをすることが重要になっています。特に、ゲリラ豪雨と表現されることもある集中的な雨が降ったときなど、普段は数十センチもないような近隣の川が数メートルまで水位が上がり、あふれだすことに対応していく必要があります。そうしたときの緊急対応グッズとして備えておくと安心なのが土のうであり、入り口などに複数個並べておくことで一時的な堰を築くことができ、水の侵入を防げるのです。一般的に土のうは、中に砂、小石を詰め込み、ずっしりと重いものであるため、持ち運びに力がいることも事実であり、保管スペースも確保しておく必要があります。その為、女性ばかりの職場では、いざというときに十分な対応ができなくなる可能性があります。そういった状況の中で、吸水土のうという商品が開発されており、新しい対策グッズとして登場しています。吸水土のうは、中に吸水ポリマーを入れておくことで、水を吸水して重くなるという特徴をもっており、吸水前には楽に持ち運びができるようになっています。吸水土のうはその分、保管スペースが小さくて済むという利点もあり、これからのますます広がっていく高齢化社会へ向けて、吸水土のうを備蓄していく施設が増えることが見込まれます。

Copyright© 2018 客席を盛り上げるために必要なこと【不測の事態が起きないように】 All Rights Reserved.